カードローンをローン契約前に利用すると

カードローンを住宅ローンなどの大きなローンの前に契約する、というのは、人の事情によりますがたまに発生する問題です。

こうしたカードローンにおける利用するかどうかを迷うような事案は数多くあり、ローン契約の前のカードローン利用についても悩みを抱える人がいます。この悩みについては、基本的にはどれくらいの金額を借り入れるのか、そしてローン契約を結ぶ予定の人物がどれくらいの収入を持っているのか、という情報からある程度は解決することができます。

まず借入額ですが、これが数百万などになってくると、非常にローン審査にも苦しい影響を与えてきます。さすがにそれくらいの金額は、支払うのにも沢山の日数と労力が必要ですから、通常の働き方をしている方はそれだけで手一杯になり、住宅などのローンまで支払うのはまず難しくなります。

しかしその金額が30万円程度の小さなものであれば、支払いそのものは難しいことではなくなります。

そしてローンを借り入れる予定であっても、年収が非常に高い方ならば高い金額のカードローンをしてもさほど悪影響はありません。年収が一千万円の大台に乗っている方は、ある程度はカードローンに関しても融通を効かせることができるでしょう。

カードローンの返済の注意事項

カードローンを利用する上で最も気をつけないといけないのは必ず返済をするということです。滞納が続くと、信用情報に傷がつきますから、その後の人生に大きな悪影響が出てしまいます。例えば、後になってから自動車ローンや住宅ローンが組めなくなったりして困ることになります。

では、必ず返済をするには何が大切かというと、それは借り入れしすぎないということです。当たり前と思うかもしれませんが、カードローンを利用していると、その当たり前のことができなくなるときがあります。

そもそもカードローン業者も商売としてお金を貸していますから、お金を借りたくなる工夫をいろいろやっています。例えば、利用していると融資限度額が徐々に上がるシステムはどの業者にもありますが、これはなかなか厄介なものです。融資限度額が上がると、自分が認められたような気がしてついつい使いすぎてしまうのです。

また、ATMの操作画面があまり借金をしているという実感が沸かないような構成となっていることにも注意が必要です。ぼんやりと預金を下ろしているような気分でカードローンを利用してしまう人もいます。

ときどき、自分のカードローン利用履歴を振り返って、どれだけ借りて、どれだけの利息を払ったかをよく見直してみたほうがいいでしょう。